不断水工法が必要とされる場面とは

不断水工法は水道管内の水流を止めることなく配管工事を行うために開発された工法です。


一般的な上水道における分岐管やバルブの設置の他に、下水道のバイパス菅や空気弁の設置などにも利用されています。



また不断水工法には2種類の工法が存在します。


特に液体窒素を使用して施工部分の上流を凍結させてから作業を行う不断水凍結方法では、凍結部分がバルブとして利用されます。

最近の日本経済新聞といえばこちらのサイトです。

バルブが存在しない場所での作業やバルブ自体の交換作業に適しています。

不断水工法の種類には、穿孔機を使用して機械的に配管への穿孔を行う不断水分岐工法と施工部分の上流を凍結させる不断水凍結工法が存在します。


一般的には前者が利用されます。

配管に割T字管と仕切弁を設置し、穿孔機で穴を開けて分岐管の設置を行います。



分岐管を設置する場合には仕切弁がそのまま残りバルブとしての役割を果たしますが、バルブを設置する場合には仕切弁ではなく作業弁が使用され工事完了後に外されます。

仕切弁はゲートバルブとも呼ばれています。


その機能は全閉か全開のいずれかです。配管内の水流量を制御するためには他にバルブを設置する必要があります。

不断水凍結工法では凍結箇所がバルブの代わりとしての役割を果たします。バルブがない場合や位置が分からない場合、使用不可能な場合などに迅速な作業を行うことができます。

官公庁舎や大学などの教育施設、営業中のデパートなど商業施設での作業に適しています。