マンションにも使える不断水工事

category01

マンションで断水が起こってしまうと、居住者の生活が制限されて不便です。


水道をひねれば水がいくらでも出ることが当たり前になっている現代の生活では、いかに断水させずに工事できるかが課題になっています。

長時間の断水ができないマンションでも短時間で配管工事を行わなければいけないこともあります。
そのために活用されているのが、不断水工事です。特に短時間で配管工事を完了させることができる液体窒素を用いた凍結工法は、メリットの多い工法です。

専用容器を用いて配管の外部から内側の水を凍らせるので、緊急を要する現場や施工箇所が多い状況でも対応することができます。



液体窒素は気化しやすいので保存が困難ですが、専用のタンクを有することで保有を可能としている業者もあります。

こういうところだと、すぐに不断水工事に対応することが可能です。範囲を狭めて工事をすることで、水抜きと水張りの作業を短縮させることができるので、短時間に工事を済ませればマンション住人の生活にはほとんど影響を与えることなく施工が完了します。不断水工事の方法としてはバルブを閉める方法もありますが、この方法だと開閉の時に赤水が発生してしまったり、マンション全体を断水させないと工事ができないことがあります。

goo ニュース情報ならこちらのサイトです。

凍結広報であればワンフロアなど最小限の範囲だけの断水で済むのがメリットです。



マンションの配管工事を検討している場合は、不断水工事を選べば生活に支障を与えることなくメンテナンスができます。

知識を増やす

category02

水道管が壊れるなどのトラブルで断水して工事をしなくてはならない場合、その間水が使えないので生活に支障を来たします。料理が作れない、お風呂に入れない、など水が使えない生活はとても不便です。...

subpage

わかりやすい情報

category02

水道管の分岐工事を行う際に水の通りを止めないと穴を開けることができません。穴を開けるために既設管に流れる水を止める必要があります。...

subpage

生活について思うこと

category03

不断水工法は配管工事を行う際に水の流れを止めずに作業を行うことができるという特徴を有しています。かつての上水道工事では、配管内の水の流れを止めて作業を行ったために断水が発生して周辺の住民に対する配慮が不可欠でした。...

subpage

生活のテクニック

category04

不断水工法は水道管内の水流を止めることなく配管工事を行うために開発された工法です。一般的な上水道における分岐管やバルブの設置の他に、下水道のバイパス菅や空気弁の設置などにも利用されています。...

subpage