水を止めない不断水工法

水道管の分岐工事を行う際に水の通りを止めないと穴を開けることができません。穴を開けるために既設管に流れる水を止める必要があります。



断水をするとその周辺の住戸への影響を考慮して告知や代替え用の給水車の手配など対応が必要となります。水の通りをそのままで分岐ができれば周辺の住戸の生活に影響を与えることなく工事を行うことができます。

それが不断水分岐工法です。

分岐する場合は、水道管の途中に穴を開ける必要があります。


だから不断水で行う場合には、特殊な器具が必要です。
まず既設の水道管を覆うように割T字管を取り付けます。
また分岐した時に一時的に流水を抑えるための仕切弁を設置します。

割T字管は既設管に密着することで水漏れを防止し、分岐した時に直角方向への配管となるためのT字をしています。

新設される配管側に仕切弁をつけ、その先に穿孔機を取り付けます。
穿孔機は先端からカッターを前進させて既設管の側面に穴を開けます。


穴を開け終わったらカッターを戻し、仕切弁を閉じます。

穿孔機を取り外し、そこに新設する配管を設置します。

毎日新聞が話題になっています。

しっかりと配管が済んだことを確認してから仕切弁を開放します。
こうして新しい配管に水が流れます。


このように不断水工法であれば水の通りを止めることなく新しい配管の設置が可能です。

断水の必要がないため時間や時期を気にすることなく作業を行うことができます。

近隣の住民の生活を不便にする必要も無くなります。