生活に支障を来さない不断水工事

水道管が壊れるなどのトラブルで断水して工事をしなくてはならない場合、その間水が使えないので生活に支障を来たします。

料理が作れない、お風呂に入れない、など水が使えない生活はとても不便です。



これに対して、今では不断水工事という断水せずに工事ができる方法が使われています。

方法としては、本管から給排水に使われている枝管を取り出すための分岐工法と、本館の切断部に仕切り弁やプラグを挿入するインサーティング工法などがあります。

水の止め方の方式でも違いがあり、バルブなどで止水する方法、枝管内の水を液体窒素などを使って凍結させて止水する凍結工法などが多いです。

特に凍結工法は、枝管などの分岐管の補修や取り替えなどの工事で、短時間で作業ができるときに本管を止水せずに工事が可能なのでよく使われています。

朝日新聞デジタル情報はこちらに集まります。

凍結した部分の解凍は、基本的にはガスバーナーを使って行います。


ただし、火器が使えない場所ではIH解凍器具などを使って行うことが可能です。不断水工事はもともと、圧送管路で水を通した状態のまま、上水道の分岐を設置するために考え出され方法です。

しかし今では、下水圧送管でも空気弁を追加したり、バイパスを追加するための工事を行うときにも使われています。



この工事では不断水穿孔機という特別な機械を使います。
いつも当たり前に使っている上下水道が使えなくなると、様々なことが制限されますが、不断水工事であれば生活に支障なく利用しながら直すことが可能です。