不断水工法で効率的な配管工事

不断水工法は配管工事を行う際に水の流れを止めずに作業を行うことができるという特徴を有しています。



かつての上水道工事では、配管内の水の流れを止めて作業を行ったために断水が発生して周辺の住民に対する配慮が不可欠でした。

また水の流れを制御するために古いバルブの開閉が必要とされました。

長期間使用されていなかったバルブを開閉すると、赤錆が剥離して配管内に残ります。

その結果水が赤く濁ると配管内の清掃が必要です。

現在では不断水工法が広く普及したため、断水対策や工事完了後の配管内の清掃は不要となりました。
不断水工法は工事に必要な期間の短縮とコストの削減を可能とします。


効率的に配管工事を行う場合になくてはならない存在です。
もともとは上水道の工事のために開発された技術ですが、今では下水道工事にも使用されています。

現代の配管工事に不可欠な技術です。


不断水工法には大きく分けて2種類の工法が存在します。
まず穿孔機と呼ばれる機械を使用して配管に穴を開けるのが分断水分岐工法です。この工法では穿孔時に発生する本管の欠片は水圧で外に押し出されるため、配管内に残ることがありません。

Yahoo!ニュースに関するお悩み解決にはこちらです。

バルブの開閉も不要なので水が赤く濁ることもなく、工事完了後に清掃をしなくてよいため効率的に作業を行うことができます。
次に液体窒素で施工箇所の両端を凍結させる工法を不断水凍結工法と呼びます。
凍結部分はバルブの代わりとして機能します。古いバルブの開閉が不要なだけでなく、バルブから離れた場所でも作業を行うことができます。
またデパートなど営業中の商業施設でも、特定フロアにある配管の一部だけを凍結させて作業をすることが可能です。